So-net無料ブログ作成
検索選択

ドライバーの打ち方 [ドライバーの打ち方]

ドライバーの打ち方は、初心者の方にはクラブの違いによる打ち方も
難しいですよね。


説明されても、うまく体が反応しないものです。
理屈で分かっても、ドライバーの打ち方は別ですね。


基本が大事なので、自己流にならないためには、
ゴルフ教室や、スポーツジムなどでゴルフ練習をトレーナー
キチンと見てもらって教わることをするのがいいでしょう。


基本的な事柄で、ゴルフは18ホールあり、そお殆どは第一打目がドライバーを
使用するんです。


ドライバーはできるだけ遠くに飛ばすことを心がければいいでしょう。
ショットの感覚をつかむことが大切です。


意外と、ドライバーは内亜水クラブなんです。
あまり慎重にならずに、思いっきり打つこと。


しかし、まっすぐ飛ばそうとしてもスライスしてしまうケースが
大にして見受けられます。


スライスを克服するには、練習するしかありません。

自分のフォームを確認するためには、
ビデオに撮って、じっくりと見てみることをおすすめします。

客観的にフォームを見ることで、欠点を自覚できるので、
上達していく可能性があります。


アドレスの形、バックスイング、そして打点など重要なポイントはたくさんあります。


最初は上手く出来なくても、地道に努力することで上達していきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。