So-net無料ブログ作成
検索選択
ドライバーの打ち方 ブログトップ

ドライバーの握り方 [ドライバーの打ち方]

ドライバーの打ち方をマスターするには、その前に必要なのは

まず、握り方から

ゴルフのクラブのに切り方には3通りあると言われています。


最初は当然に初心者なわけですから、打ち方よりも握り方をまず教えてもらって覚えます。

難しい事ではなく、自分に適した握り方をすることが大事と言われています。


ドライバーの打ち方は、出来るだけ遠くに飛ばす事

その為には、無駄な回転を掛けずに真っすぐ飛ばしましょう。

上手くいかないのは、スライスする場合、

トライバーは、第一打で使うことが多く、それで飛ばない場合は第二打もドライバーとなります。


飛距離を稼ぐ状況の時は、ドライバーで打つのがほとんどですね。


しかし、飛距離が出ない場合にはその理由は、スィングが出来ていないようです。


ゴルフはやはり奥が深く簡単なようで難しいスポーツです。

ドライバーの場合は、イメージトレーニングよりも、実際に打ってみる事が必要なようです。

それには、打ちっぱなしで何度も練習するのみ

イメージを頭に作り上げて、身体の動きにするにはやはり練習でしょうね。

自分に合った打ち方を見つける事ができれば、一定のスコアを出すことが出来るように

なるでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

ドライバーの打ち方 [ドライバーの打ち方]

ドライバーの打ち方は、初心者の方にはクラブの違いによる打ち方も
難しいですよね。


説明されても、うまく体が反応しないものです。
理屈で分かっても、ドライバーの打ち方は別ですね。


基本が大事なので、自己流にならないためには、
ゴルフ教室や、スポーツジムなどでゴルフ練習をトレーナー
キチンと見てもらって教わることをするのがいいでしょう。


基本的な事柄で、ゴルフは18ホールあり、そお殆どは第一打目がドライバーを
使用するんです。


ドライバーはできるだけ遠くに飛ばすことを心がければいいでしょう。
ショットの感覚をつかむことが大切です。


意外と、ドライバーは内亜水クラブなんです。
あまり慎重にならずに、思いっきり打つこと。


しかし、まっすぐ飛ばそうとしてもスライスしてしまうケースが
大にして見受けられます。


スライスを克服するには、練習するしかありません。

自分のフォームを確認するためには、
ビデオに撮って、じっくりと見てみることをおすすめします。

客観的にフォームを見ることで、欠点を自覚できるので、
上達していく可能性があります。


アドレスの形、バックスイング、そして打点など重要なポイントはたくさんあります。


最初は上手く出来なくても、地道に努力することで上達していきます。

ドライバーの打ち方 ブログトップ